お店訪問記

六本木『桃仙閣(とうせんかく)』リピート確定!

本日のお会計は2人で¥31,895でした!!


こんにちは。365日、東京のレストラン巡りをしているミドリです。


今回は有名すぎる中華料理店『茶禅華』のオーナーさんが、自ら腕を振るうお店

桃仙閣

へ行って来ました。


アラカルトメニューが豊富で、一人前の小さなポーションから注文できるのが有り難く、今後は重宝しそうな予感がします。


今回はそんな『桃仙閣』での体験談をお話したい思います。

『桃仙閣』について

場所

『桃仙閣』は、六本木駅から徒歩1分ほど。
利便性の高い場所に位置しています。

お店はビルの地下ではありますが、六本木通り沿いに面しているので比較的見つけやすかったです。


料理人

手掛けてらっしゃるのは3つ星中華料理店『茶禅華』のオーナでもある林亮治氏

2020年10月にオープンとういうことで比較的新しいお店になります。



評価

食べログにて口コミ評価を拝見しました。

  • 高評価「使い勝手が良い、何を頼んでも美味しい」
  • 低評価「コスパが悪い、内装がチープ」

との事。
ほとんどレビュアーは、3後半から4以上をつけており評判と注目度の高さが伺えました。

料金

コースの他アラカルトもあります。


<コース>
・¥8,000「ショートコース」
・¥15,000「上海蟹ショートコース」

<アラカルト>
¥10,000前後

上海蟹のアラカルトメニューもあり




お店の様子

店内の雰囲気

街の中華屋さんとは似ても似つかないお洒落でモダンな内装です。


照明も丁度よく暗く、都会のレストランを体現しているようなお洒落な雰囲気が漂ってます。



客層

若者カップルから中年男性同士まで様々。

六本木という場所柄、若めのグループなど色々な方がいると思います。

落ち着いて食事をしたい場合は二人用個室の利用がおすすめ。


ドレスコード・利用シーン

ドレスコードはなくトレーナ姿の方も見受けられました。


利用シーンは、友人などカジュアルな関係性の相手が適していると思います。

体験談


今回はアラカルトで注文。

メニューは結構豊富で100種類近くあるのではないでしょうか。

「酢豚」など無難なお料理から「卵皮の春巻き」といった変わり種まで様々。



一人前のポーションから注文できるようです。

基本的に中華料理は大皿が主体なのでこれは嬉しいサービスですね。




以下、注文したお料理の一部になります。

  • 左:野菜の前菜3種盛り合わせ
  • 右:卵皮の春巻き

  • 左:上海蟹の紹興酒漬け
  • 右:北京ダック



上海蟹の紹興酒漬けは、ねっとり濃厚な味わいでおすすめの一品。

もちろん値段もそれなりで一人前¥3,880でした。


北京ダックは1本から注文できるのが嬉しいですね。(¥1,500)




そして締めにはリピート確定の一品。


白子のせ麻婆豆腐

舌がピリピリ痺れるような辛さでありました。


そこにまったり溶ける白子が、丁度良い具合に中和してくれる贅沢な一品。




そして最後に甘味。

「マンゴープリン」や「杏仁豆腐」も含め3品だけでした。
今回はマンゴープリンを注文。

これは思ったより甘さ控えめで、夫が頼んだ杏仁豆腐も同様に甘さ控えめ。

お口直し程度に丁度いいデザートでした。



以上がアラカルトで注文したお料理の一部になります。


ご覧の通り一人前ですと一皿の量が少ない為、様々な料理を味わう事ができ、軽く食べたい際にも重宝しそうですね。


ごちそうさまでした

『桃仙閣』★★★


主観的評価
★★★:リピート確定!
★★:機会があれな行きたい
★:また行くかもしれない

予約

▶︎ヒトサラから予約する

店舗詳細情報

関連ランキング:中華料理 | 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村